トップページ > 示談の基礎知識 > 示談交渉する前に

示談交渉する前に

スポンサード リンク

示談交渉に入る前の心構えとして、まず法律的に正当な損害賠償額を計算することが大切です。

なぜなら被害者にとっての示談交渉とは、法律上正当な金額から、どれだけ値引きするかということだからです。

そのため、もし法律上正当と思われる金額以上の額を加害者側が提示してきたら、その時は即座に示談成立させた方が良いのです。

ただし示談交渉は、1,2回の交渉では簡単に解決しないことが普通で、結局は両者の主張の真ん中をとって解決させるケースが多くなります。

こうしたことから要求金額は、自分が法律上正当と思う金額より、多少上乗せして提示した方が良いでしょう。

なお交通事故の損害賠償問題で、被害者・加害者が一番鋭く対立するのが、損害額の算定と並んで過失相殺です。

そして過失相殺とは、事故の損害発生に対して被害者にも過失があった場合に、賠償額を決める際に被害者の過失も考慮されることをいいます。

最終更新日:2011/04/13