トップページ > 示談の基礎知識 > 示談と裁判の分岐点

示談と裁判の分岐点

スポンサード リンク

示談が成立せずに裁判になるケースには、損害賠償額の計算で争いとなる場合や、過失割合の争いがある場合、加害者側に資力がなくて居直ってしまう場合があります。

そして、損害賠償の計算で大きく外れた主張をする加害者には、参考書を見せて何度か説明し、それでも態度を改めない場合には、裁判を始めてしまった方が良いでしょう。

また過失割合については、事実を正確につかまないと十分な判断ができないため、示談の段階では大ざっぱな見当をつけるより仕方がなく、この見当が被害者と加害者で極端に違っていると、示談は難しくなります。

なぜなら、示談の段階では刑事記録を見れないので、当事者の話から判断するしかなく、さらに死亡事故では加害者側の一方的な話ししか聞くことができないからです。

さらに加害者側に資力がない場合はどうにもならなく、加害者が任意保険にも入ってない場合は、被害者は自賠責保険しか取れません。

ただし実際は資力があるのに、資力がないように見せて逃げようとする加害者もいるので、一応興信所などを利用して、加害者側の財産調査をする必要があります。

最終更新日:2011/04/13