トップページ > 示談の基礎知識 > 示談交渉中の仮処分

示談交渉中の仮処分

スポンサード リンク

示談交渉中の仮処分とは、交通事故の損害賠償の問題が最終的に解決するまでの間、中間的に治療費や生活補償費を支払わせる裁判所の命令をいいます。

ただし裁判所の仮処分をもらうには、本来の訴訟で原告が勝訴する見込みが十分あることや、被害者が治療費や生活費に困窮していることが条件となります。

また仮処分命令は、毎月の治療費と最低生活補償費に限られています。

そして仮処分命令をもらうには、裁判所に仮処分命令申請書を出して裁判官と面会し、事故証明書・診断書・診療明細書・被害者の困窮を証明する民生委員会の証明書などを見せる必要があります。

さらに裁判官が提示した、請求金額の2割前後の保証金を積む必要があります。

なお裁判所に仮処分の申立てをする時には、相当高度の法律知識が必要となるので、弁護士を頼まなければなりません。

最終更新日:2011/04/13